What's up?
hiya.exblog.jp

関東出身。京都を歩きまわった写真や身近な出来事、思った事など書いています。**イイナ!って思ったら気軽にコメントください。素敵な仲間が沢山増えるとイイネ!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
excite blog 以外のリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
京の夏
from Earlgrey
『Rai Photo E..
from 柚実の日記
Rai Photo Ex..
from 柚実の日記
明日香でサイクリング♪
from 柚実の日記
「明日香寺」から「ひょう..
from 柚実の日記
春の明日香探検隊 ~大人..
from Earlgrey
明日香でサイクリング♪
from 柚実の日記
甘樫丘地区にて
from 柚実の日記
明日香オフ会レポート  ..
from Shige's Photo ..
らんる
from 柚実の日記
以前の記事
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:祇園祭り ( 10 ) タグの人気記事
祇園祭 お神輿
f0122724_0392524.jpg
「祇園祭は本当のメインは神輿なんだ!!」と熱く私に語ったのは、飲み屋の大将でした。
普通は山鉾巡行=祇園祭と思ってるよね。
そっかー、お神輿を見ないと駄目か。と、今年はちゃんと見ようと思いました。

f0122724_0411986.jpg
山鉾巡行が終わった夕方。八坂神社に向けて行ってみると、四条通りにはお神輿!!
お神輿は三基あります。これはその一つ。

「ホイット、ホイット」というかけ声で、祇園へ進んでいくお神輿。
今までは「ワッショイ、ワッショイ」というかけ声でしか見た事なかったので、新鮮でした。

f0122724_0442737.jpg
ふんどし姿の熱い人もいたりして、迫力ありました。
いやー山鉾巡行だけじゃなくて、ちゃんとお神輿も見た方がいいね!
来年はもっと早くから見に来ようと思いました。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-08-09 00:46 | 京都にて
祇園祭 くじ改め
f0122724_0271122.jpg
今年の祇園祭は、くじ改めを見ることにしました。
くじ改めってなんじゃいって?
山鉾巡行するには、くじ引きで巡行する順番を決めます。
7月頭にくじ引きする会があって、そこで今年の巡行順番が決まったのです。
で、山鉾は巡行をスタートする所で、「うちら〜番です。通ります。」と見せる所が、くじ改めなんです。

f0122724_0301993.jpg
改めるのは市長さんです。
ふみ箱に証書が入っているんだけど、文箱は素手で開けてはいけないので、所作も見所です。
大人から子供まで、くじ改めする人は山や鉾によって様々です。

f0122724_0323597.jpg
儀式の中で見所の一つでもあるので、取材の人も沢山!
いくつかの山と鉾は、毎年順番が固定されているものもあるので、その鉾はくじ改めありません。

毎年先頭をいく長刀鉾は、くじ改めがありません。生き稚児が乗っているのも唯一です。

f0122724_035119.jpg

祇園祭は本当にきらびやかで、見所が沢山!!
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-08-09 00:36 | 京都にて
祇園祭 信号が!!
f0122724_019980.jpg

祇園祭の山鉾巡行の時って、信号がどうなってるか!?
というか、そもそも鉾がどれだけでかいかって話ですが、ビルの5階ぐらいは余裕であります。
どうやって組み立ててるんだろー??と思うのですが、残念ながら組み立てている所は、まだ見れていません。

f0122724_0212817.jpg
7月17日の山鉾巡行の時には、信号が邪魔なんですよね。背が高いから。
てな訳で、巡行する通りの信号が片付けられます。
↑作業の人が信号をググーイっと押してます。

f0122724_0234948.jpg
信号が90度違う方をむいてしまいました!!
祇園祭を考えて設置されているんですねー。
いやースゴイ。

世界遺産登録も近いぞ!!
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-08-09 00:24 | 京都にて
祇園祭 屏風祭り
f0122724_1238321.jpg
京都の祇園祭は7月1日から7月31日まで、長いお祭りです。
今年は雨も夕立だけで、大きな天気の崩れが無かったサイコーの宵山、山鉾巡行でした。
山鉾巡行が終わると夏がくるといわれますが、本当に山鉾巡行の日は夏!でした。

さて、写真は宵々々山のものです(7月14、15、16日が宵山)。
宵山では、名家が家宝の屏風や着物を飾って、いろんな人に鑑賞してもらう屏風祭りがあります。
初めて屏風祭りをみようと思って、14日に三条烏丸あたりから四条烏丸あたりを散歩してみました。

f0122724_12475424.jpg
こちらは現代作家の作品でした。すごいカッコイイですよね!
こんなところでお酒飲めたら最高だ〜。というか、こんな空間が家にあるなんて、スッゴイ羨ましいんですけど〜!!

f0122724_1249916.jpg
屏風祭りを見る人達。
14日なので、まだ少ないですが、宵山の16日はもっとすごい人です。
こうやって、人のお宅を覗くように見るんですー。一部有料の所もありますが。
ある意味、お宝自慢みたいな見せびらかしなので、見せる方も気持ちが良いのではないでしょうか。

f0122724_12535784.jpg
これは山鉾の装飾品です。写真は八幡山の展示です。
山の周りを飾る、布など、現在使っているものから、過去作っていたものなどを展示して見せてくれます。
なかには有名な画家のものや、歴史のある品があります。
歴史が長いお祭りだからこその、伝統あるものばかり!

f0122724_12574124.jpg
祇園祭は山鉾巡行だけと思われている人も少なくないですが(実際私もそうだった)、楽しめるポイントは沢山あります!
また色々アップしていきたいので、お楽しみに〜!!←遊んでないで、勉強しろよーなんて自分で突っ込んでみたいりして(^ ^;)
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-07-25 13:05 | 京都にて
京都の祇園祭 神輿洗式
f0122724_23523076.jpg
7月10日は祇園祭の行事「神輿洗式(みこしあらいしき)」がありました。
八坂神社のお神輿を四条大橋で鴨川の水で清める儀式。
まずは神輿が通る道を清めるために、大きな松明が四条大橋と八坂神社を往復。
長いし大きいから迫力ありました!

f0122724_23582224.jpg
こういうのは、やっぱり男の人のお祭りだなーって感じしますね。
お祭りに関係する人たちは、お神酒をもらってるみたいで、結構お酒のにおいがする人も・・・(笑)

f0122724_23595045.jpg
四条大橋に松明をたてました。
いつもの道路がこんな風になるのって、なんだか不思議な感じ。
この間は車もバスも通行止め。三条烏丸から八坂神社まで、7月中はいつもの事なんだろうなー

f0122724_021844.jpg
松明が八坂神社へ戻ると、お神輿が四条大橋にやってきました。
真ん中で神輿を止めると、神宮がやってきて神輿を清めていました。
その様子はすごい人で、ちゃんと見れませんでした〜(泣)

その後、鴨川の水をつけた榊を、見物人にもかかるように振り回してくれました。
この水にかかると無病息災の厄よけになるそうです!バッチリかかってきました。

この清められたお神輿は(全部で3基)、山鉾巡行のあと夕方に神幸祭で練り歩きます。
***神輿洗***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-07-10 23:58 | 京都にて
祇園祭り 3
f0122724_2347753.jpg
祇園祭りの山鉾巡行が終わるとどうなるか?
速攻で解体されます!!!

とっとと車輪が外され、どんどん解体。
神楽に集めた疫神を四散させない為と、説明されています。

そもそも、祇園祭りは京都でのいろいろな流行病などを沈める為に行われた祭りなのです。
コレラとかがはやって、人が沢山亡くなった歴史があるんですよね。
そういった事を沈める為の儀式なので、当然の事なのですが、なんだか寂しいですよね。

来年は鉾建てに密着したいなーと思っています。(組み立てる所)

f0122724_23514093.jpg
ちまきは各鉾が売っております。(17日までの数日だけ)
玄関に置いくと、厄よけになるんですね。
昔は鉾からこのチマキを投げていたんですが、それは中止になって、現在は巡行の時にお得意さんとかに手渡しされる事が多いみたい。

今回わたしは月鉾さんから見ているときに頂戴しました。ラッキー!
チマキにもいろいろな意味があったりするので、鉾のデザインとか、意味とか、いろんな事を知ってみて購入してみるのをオススメします。

今回失敗したのが、いくつかの鉾から携帯ストラップが販売されると耳にしていたのですが、つにゲットできず・・・・宵々山とかは台風が通過で行かなかったし、宵山も遅くにいったのでスッカリ忘れていたんですよね(泣)

来年の課題が多いです、私。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2007-07-19 17:46 | 京都にて
祇園祭り 2
f0122724_23272917.jpg
祇園祭は今では四条通りを通っていますが、昔はもっと狭い道を通っていました。
で、その面影があるのが各山鉾が自分の町内に帰って行くところでしょう。

道幅いっぱいの鉾は迫力あります!気を許すとぶつかってしまいそうな所もあったりして・・・
あんまり詳しく場所を書くと人があふれてしまうので、曖昧にしておきます(苦笑)

f0122724_2330413.jpg
私の居た所では、こんな感じで目の前を通過していくのでした。
本当見応えあったなー。
危ないので、大勢は立ってみられないので、押し掛けては駄目ですよ〜。
他はほって、早くその場所で待っていれば大丈夫かな〜?。

f0122724_23324480.jpg
あとは、四条通りで帰ってきた鉾の最後の辻廻しを見るのをお勧めします。
自分の町内に戻るのに、角を回らないと駄目ですから、所々で見れる訳です。
そんな事はルート案内のチラシとかには書いていないので、四条通りで待ってるしかありませんが、鉾は大きいので見逃す事はないでしょう(笑)

f0122724_23345641.jpg
辻廻しは鉾の車輪の所に、竹を置き、水をまいて車輪をすべらす事をいっているわけです。
これがスムーズにいくと、見ている人から拍手が起こります。
今回見ていたら、鉾によっては3回、4回とやる所もあったり、上手な時には2回で曲がってしまったりと、迫力ありました。

f0122724_23385924.jpg
一歩間違えれば、鉾が倒れる事もあるでしょから、真剣勝負ですよね。
12トンもある鉾を人の力だけで動かしてしまうんだから、スゴイですよね!!

あとは、音頭取りの人の動きや、お囃子を聞くのも辻廻しの楽しみ方でしょうか。
音頭取りとは、鉾の前で2人の人が扇子を持って先導している人の事です。
直進する時、曲がる時、お囃子も違うし、音頭取りの人も違う動きをします。
慣れてくると、そんな所も目について楽しめるようになってきました。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2007-07-18 16:26 | 京都にて
祇園祭
祇園祭りって、本当は奥が深いんですよね。
今年もよく分からず色々と見て来ましたが、それでも全部を見る事はなかなか難しい。
来年はもっと見たいと思っています。
さて、宵山の16日の夜11時頃。鉾から日和神楽がでます。
つまり、明日17日の山鉾巡行の晴れ祈願を行うわけです。
f0122724_2373633.jpg
各鉾から時間はまちまちに、暗い町中をお囃子しながら歩きまわっていきます。
ルートもいろいろみたいなので、どこを歩くかは鉾の人に聞かないと分かりません。

四条通りに烏丸通りが完全に歩行者天国。
そして烏丸通りはずらーっと屋台が出て、浴衣を着た若者が買い食いしている・・・とにかく、賑わっているんですね。
その中をだいたい10時すぎからお囃子の車が歩いていました。この日は台風が過ぎて、なんとか晴間もあったけれど、時々雨が降ってくる生憎の天気。
そのために、この日和神楽を中止にした所も多かったようです。
時間も遅いので、近くに住んでいる人か、近くにホテルをとってる人じゃないと見れないのが残念なところ。

f0122724_23132038.jpg
さて、翌日の17日の朝9時まえ。
四条通りは静かなピーンと張りつめた空気の中、各山鉾が準備万端。
曇り空のなか、巡行のスタートを待っていました。
前日も遅くまでお囃子をして、翌日は朝早くから本番と、祇園祭って結構ハードなんですよね。
それを見る私たちも体力勝負なところがあったりして(笑)

f0122724_23161753.jpg
四条烏丸を出発した鉾を見送って、四条河原町へ移動。
最初の辻廻しの場所には人がドンドン集まってきていました。
警察官も沢山いて、ビックリ。
近づいてきた鉾は先頭の長刀鉾です。長刀鉾はくじ引きしないで、毎年先頭をいきます。

f0122724_2319389.jpg
鉾を引く人は結構外国人の人が多いのです。
引いてくれる人がなかなかいないらしいんですよね。実は。
ボランティアなので、どうしてもそうなってしまうのでしょうか・・・
率先して参加してくださるのが外国人とは、ちょっと寂しい気もしますが、参加してくれる人がいるという事を素直に喜ぶべきなのでしょうね。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2007-07-17 23:00 | 京都にて
祇園祭り 曵き初め 2
f0122724_3513845.jpg
またまた曳き初めに行ってきました!!
今日は昨日よりも雨が強くて、やっぱり合羽装着!
小学生がたくさんいました。学校の授業での参加なんですって。

f0122724_3555330.jpg
そして、そのあとは鉾の中の見学へ!
そう。鉾の中へ入って見学できるんですね〜。あの、お囃子の人たちがどんな感じで外を見ているのかを体験できるわけです。
これが見学券。

f0122724_357583.jpg
鉾建てが終わって、曵き初めが済むと、鉾の周りに見学したり、鉾のグッズを売る場所が出来たりします。
17日の巡行までは鉾が動く事はありません。
そして明日からの、よいよい宵山、よい宵山、宵山の間はずーっと見学できるし、夜はライトアップ、屋台も出ます。浴衣を着てデートする人も多くなりそう。
でも、そうなると混むので、私はサッサと鉾見学してきちゃいました(笑)

f0122724_452653.jpg
函谷鉾(かんこぼこ)の中です。
お囃子の間でも見学できちゃうんですね〜。結構音が大きくて、耳痛かったっす。
鉾の上は約6畳ぐらいでしょうかね・・・思っていたより広かったです。
菊水鉾も見学させてもらってきました。鉾によってデザインが全然違うので、全部みたら面白いと思うけど、有料なので、全部を一気に回るのは・・・
来年は違う鉾を見学しようかな(笑)
[PR]
by rei-_-ier | 2007-07-13 23:50 | 京都にて
祇園祭 曵き初め
f0122724_0422427.jpg
今日12日は祇園祭の曵き初めの日でした。
曵き初めは、一般の人が鉾や山をひっぱれる日なんです!!!
生憎の雨模様でしたが、人ではそれなりに・・・
写真は四条通りです。鉾が動き出す時間は、バスも止まる。どの他の車もぜーんぶ止まってしまいます。

f0122724_0434176.jpg
時々パラパラ降る雨でしたが、鉾をひっぱる人は傘禁止。手に持っているのも禁止。
転んだら危ないですからねー。

私は事前に雨合羽を持って来た方が良いよと教えられていたので、問題なし!!
写真の方が優先の気持ちでしたが、私もひかせてもらう事に。

f0122724_0452531.jpg
こんな位置で綱をひかせてもらいましたー。
初めての体験に、結構興奮!!
距離はちょっぴりですが、それでも楽しかった〜!!

f0122724_0482117.jpg
四条通りのように広い道以外では、鉾は道ギリギリ。
高さも電線ギリギリ。
こうなると、電線が無ければなーって真剣に考えますね。
景観も悪いしねー。早く全部地下に埋められればいいのにな。

曵き初めは組んだ鉾と山を初めて曳く行事です。
時間はだいたい14時とか15時。
明日の13日も曵き初めはあります。もちろん、またまた行く予定です!!
[PR]
by rei-_-ier | 2007-07-12 23:41 | 京都にて