What's up?
hiya.exblog.jp

関東出身。京都を歩きまわった写真や身近な出来事、思った事など書いています。**イイナ!って思ったら気軽にコメントください。素敵な仲間が沢山増えるとイイネ!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
excite blog 以外のリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
京の夏
from Earlgrey
『Rai Photo E..
from 柚実の日記
Rai Photo Ex..
from 柚実の日記
明日香でサイクリング♪
from 柚実の日記
「明日香寺」から「ひょう..
from 柚実の日記
春の明日香探検隊 ~大人..
from Earlgrey
明日香でサイクリング♪
from 柚実の日記
甘樫丘地区にて
from 柚実の日記
明日香オフ会レポート  ..
from Shige's Photo ..
らんる
from 柚実の日記
以前の記事
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅へ( 16 )
N.Y. 2010 ツインタワー跡地
京都市内は雪です!寒いです!
日曜日は、朝目が覚めたら積もってて、太陽が昇ったら若干解けて、またまた夕方から降りました。
雪景色は綺麗だけど、振る前とかめちゃ冷えるのが難点ですね。

さて、ニューヨークと聞けば、皆さんが思い出す911です。
あの日の報道は、今でも鮮明に覚えています。
雲ひとつない晴天の空が、印象的でした。

f0122724_255668.jpg


そのツインタワーの名残が標識に残ってました。
ここにあったんだよね・・・

f0122724_2103313.jpg


そんな跡地も、今では再開発が進んでいます。
時の流れですね。
こんな一等地をほっとくのも経済的なロスもあるんでしょうし、複数の会社が入ってたわけだから、再建築も必要なのだとは思うのですが。

f0122724_2121214.jpg


グランドゼロとか言うんなら、そのまま残せばいいのに・・・と思ったりも。
再建して、攻撃にも屈しない強いアメリカを見せたいという事なのかなー。

f0122724_2141568.jpg


こんなタワーが建つらしいです。ツインじゃないんだね。
跡地にはメモリアル施設もできるようです。
現在も、この跡地の向かいに911の見学施設があって、観光客が多く入場してました。
[PR]
by rei-_-ier | 2011-01-17 02:15 | 旅へ
N.Y. 2010 ブルックリンブリッジ
前回ニューヨークに来た時は、アメリカツアーの一部だったので滞在はたしか1泊か2泊でした。
だから行きたいと思っていた所も満足に行けなかったのを覚えています。
で、今回は絶対に行きたいと思ったいたのが”ここ”です!

f0122724_14501691.jpg


ブルックリンブリッジです!!
映画にもよく出てくるので、見た事がある人も多いのではないでしょうか。
ニューヨークの歴史を感じる建造物の一つですよね。
橋のデザインが好きで、絶対歩いてみたいと思っていたのです!

f0122724_1453152.jpg


雪の名残があります。橋は木の床で、意識するとちょっと怖いです。
下には車道があって、車がたくさん通ってます。
ブルックリンは住宅地ですし、通勤で混んでいるようでした。
ブルックリンブリッジは、ジョギングして通る人や、自転車で走ってくる人も多く、さらに観光客がいるので、なかなかの交通量です。
自転車が通る道と、歩く道は分かれているので、ボーッとして歩くとトラブルになることも・・・

f0122724_14545847.jpg


素敵なデザインだと思いませんかー。だからこそ、今でも愛されているのだろうし、映画にも沢山出てくるのではないでしょうか。
私も大好きです!!

More 夕景&夜景
[PR]
by rei-_-ier | 2011-01-16 15:10 | 旅へ
N.Y. 2010
昨年は忙しいを合い言葉に(笑)まったくblogUPしてきませんでした。
そんな中、まあまあ色々遊んでたんので、しばらく想い出に浸ってみたいと思います。

そういえば、お友達のblogもUP少なかったりすると、忙しいんだなーと思います。
blogって、blog書くことが楽しい時や、気持ちの余裕とか、時間の余裕があると書けるんですけど、そういったものが無いと、途端に距離がでますね。
一番は気持ちの余裕ですね。なんでもそうですけど。

f0122724_1344221.jpg


強引に雪つながりで、ニューヨークのお話を。
昨年2月から3月にかけて、2週間ほどN.Y.へ行ってきました。
N.Y.といえば、かれこれ十何年前に行ったきり。あの頃はツインタワーがあったし、地下鉄は危ないから乗らないように言われていたし、危険な町でした。

f0122724_1347035.jpg


現在のN.Y.は、ツインタワーの跡地には新しいビルが建設中だし、地下鉄には普通に乗れるようになってます。
前に来た時より街全体の雰囲気も良く感じました。薄暗い路地も少なかったし。
ハーレムはまだ危険な感じがしましたが、以前のように「危険だから絶対行くな」と言われていた頃に比べれば、安全になったし、危険度も低くなってます。

詳しくは、これから何回かに分けてUPしますので、これからN.Y.に行こうと思ってる方はご参考になさってくださいまし。
[PR]
by rei-_-ier | 2011-01-15 13:54 | 旅へ
よさこい祭り
f0122724_16144938.jpg

はじめて高知のよさこい祭をみてきました!
初四国、初高知で気分はウキウキ。関西からは四国も近いんですよね。車があれば、ちょっとドライブぐらいで行ける感じ。

で、よさこい祭がどんなんかと言うと、高知駅の周辺で二日間踊りまくる祭り。
前夜祭、後夜祭もするし、コンテストもあるしと、高知の一大イベント。

比較的新しいお祭りで、昭和に入ってからのもの。
踊りはナルコと決まったフレーズが入った音楽さえ作れば、大きなルールは無し。
大きな音楽をならすトラックを先頭に、大抵100人以上いるチームが同じ衣装、踊りで練り歩きます。

f0122724_1623277.jpg

もちろん屋台も出て、観光客に地元の人にとにぎわいます。
本祭の二日間滞在したのですが、祭り会場になってる商店街や道路、高知城の下などは、とにかく賑やかでした。
大きな混乱もなく、愉しく見ることができました(平日っていうのも大きかったのかな)。

感想としては、新しいお祭りだけあって、踊り方も現代風だし、音楽も統一されたものがあるわけでもないし、祭りらしい賑やかさはありましたが、全体としては物足りなさを感じてしまいました。
参加してる人は、とにかく愉しそうでした。
[PR]
by rei-_-ier | 2010-09-19 16:29 | 旅へ
韓国 ソウル 4
f0122724_1303115.jpg
どんだけ〜!!
ソウルでもイッコーさんのパワーを感じちゃいました(笑)
他にもBBクリームを推薦するポスターを見かけたりしました。いやーソウルってある意味すごい。

そんな訳で今回はお店の話をしたいと思います。
ソウルには本当に沢山のお店があります。そんな中で今回とっても気になった所がイッコーさんのポスターがあった眼鏡屋さん。

f0122724_1332529.jpg
つぎにユニクロです。
ソウルに進出してるんですねー。値段は日本と変わらないです。
韓国限定とかあれば良いなーと思ってみたけど、そういうものは無さそうでした。(夏物セールでつい買ってしまったけど(苦笑))

日本と大きく違うのは、袋が紙袋だってこと。日本はビニールですが、ソウルでは紙なのでーす。
紙袋の方が私的には好きなんだけど、なんで日本で使わないのかな・・・

f0122724_136551.jpg
ハングルで書いてあるスタバです!
これはガイドブックにも載ってるくらい、珍しい事。
この地区は、ハングルの文字の看板しか認められていないらしいです。京都の条例と同じようなものなんじゃないかな。京都は色だけど。

もう一つ有名にさせているのは、このスタバは芸能人が所有してること。
そんな訳で、結構写真を撮ってる観光人を見ました。

って、私もその一人かぁー(笑)
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-09-20 23:29 | 旅へ
韓国 ソウル3
f0122724_1331519.jpg
前も書いたと思いますが、「ハンボック」について。
最近は今風のハンボックがデザインされているんですが、やっぱり結婚式とかの祝いの席で着るのが普通のようです。
日本の着物のように、普段着にはならないとのこと。

ワンピースのように着れるハンボックがあれば欲しいなって思っていたんですが、なかなかこれだ!というものが見つからず。
(日本では「チマチョゴリ」と言われていますが北朝鮮の言い方なので、韓国の言い方「ハンボック」と書いてます。)

さて、お祝いの席で着られるハンボックですが、子供の祝いの席でも両親が着ます。

f0122724_1365958.jpg
今回は友だちの親戚のお祝い、ドォルにお呼ばれしました。
これは、子供の一歳をお祝いする会です。

100日目と一歳のお祝いを盛大にするのです。これは、昔子供が幼く亡くなる事が多かったので、節目でお祝いするようになったとのこと。日本にも100日目にご飯を食べさせたり、一歳の時にお餅を背負わせて歩かせたりしますね。

韓国の一歳のお祝いでは親戚が集まり、宴会をします。そして、メインイベントは赤ちゃんの将来を占うもの。
昔は赤ちゃんの前に「糸」「お金」「えんぴつ」を置いて、どれを取るかで将来をみたらしいんです。糸が長生き、お金持ち、えんぴつは勉強、の三つ。

しかし、最近はお金持ち、医者、裁判官、歌手、IT社長という、とっても現代的なものに変化。赤ちゃんの前には、本物のお金と、おもちゃの聴診器やマイクなどが置かれていました。
今回の赤ちゃんはお金を取ったあと、聴診器を取りました。将来はお医者さんかー!!

f0122724_1484356.jpg
話は変わりますが、これなんだか分かりますか?
Tマニーと言って、ソウルのSuicaです。Suicaだけど、Suicaよりもスゴイのです!!
カード形は普通ですが、携帯ストラップ形があるんですよ〜!!!
すごくないですか?

しかも、バスなど普通1000Wで乗る初乗りが900Wになったりと、お得なのです。あと、地下鉄を乗って30分以内にバスに乗るとバス代がタダになります。
メチャメチャお得なのです!

チャージは赤外線なので、どんな形でも大丈夫。クマの形とかハート形とかもありました。Suica作る時に参考にしてくれていれば・・・携帯ストラップ形も出来たのに〜。
このタイプはソウルだけなので、釜山などには釜山市内用のSuicaがあります。
これからソウル旅行に行かれる方は、ぜひ可愛い形のストラップTマニーで簡単に地下鉄乗ってください。(切符はハングル表示だから難しいし、お勧めでーす(^ ^))
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-09-17 23:32 | 旅へ
韓国 ソウル 2
f0122724_18511442.jpg
ソウルの旅三日目。この日は今話題のサムスンが作った美術館を観に行きました。
「サムスン美術館リウム」です。

何故か私の持っていたガイドブックには載ってなかったんですが、2004年に出来た新しい美術館です。地下鉄6番の漢江鎮(ハンガンジン631番)駅から徒歩7~8分ぐらいです。
この美術館は三人の建築家に依頼して出来上がったスゴイところなんです!!

f0122724_1982663.jpg
入り口にはルイーズ・ブルジョアの作品<Maman>がドドーンとあります。
六本木ヒルズにも彼女の作品あるので、ご存知の方も多いでしょう。

この作品はブルジョアの子供の頃の心理を表現しているとのこと。大きさから観る人に威圧的なものを感じさせます。でも、身体の下に入ってしまえば、守ってもらえるという心理に変わるでしょう・・・奥深い作品ですねぇ。(なんか、アートなブログになってきたぞ!(笑))

f0122724_19134040.jpg
入り口には宮島達男の作品が床にありました。これも大きさが違いますが、六本木ヒルズにありますよね。

入り口からの第一展示室はスイスのマリオ・ボッタがデザイン。
一番上から螺旋階段でだんだんと下に降りてくるという導線でした。
この螺旋階段がすっごく良いんです!!ゆったりとした螺旋と、中心から入る光がとっても柔らかくてサイコーでした。

美術館は全体を観るのに2時間半ぐらいかかりました。
古典から現代までテーマによって分けられた展示室は見やすかったです。
建築もさすがって感じで楽しめました!

f0122724_1923356.jpg
お昼はサムゲタンです!
高麗人参やいろいろな漢方と餅米が入った若鶏のスープです。
日本で食べると高いんだよねーサムゲタンて。でも、韓国ではだいたい10000Wから15000W(1000円〜1500円ぐらい)で食べられます。

サムゲタンに使う鶏は、若い鶏だけなんだって。だから細かい骨が多い。
一匹入っているので食べるのに時間かかるんですが、食べたら明日は元気&お肌ピチピチになるのだ〜!!

f0122724_1927754.jpg
この間サムスンの会長が逮捕されたらしいですね。
韓国では美術品って財産的価値がないらしんです。だから、もし黒いお金で買ったとしても国に没収はされない・・・うまい対策ですよね〜。
リウム美術館は有名な作品をいくつも持ってるんですが、一部の作品が展示されていませんでした。黒いお金で買った作品は公開していないらしいので、もしかしたら...。

写真はガイドブックに鍾路タワー(チョンノ)で夜景スポットと書いてあるんですけど、これもサムスンってイメージの強いビルらしいですよ。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-09-16 19:35 | 旅へ
韓国 ソウル
f0122724_213969.jpg
9月上旬の一週間、韓国はソウルへ行ってきました!
関空から2時間でソウル仁川空港に到着しちゃう近さ!ぜんぜん海外という感覚の無いままにソウル市内へのバスに乗りました。

今回はソウルの友だちの家にホームステイなのです。なので、一人で移動。
ソウルは三回目なので、そんなに不安もなかったのですが、やっぱりハングルが読めないのって痛かったっす。

f0122724_2848100.jpg
一日目は夜着いたので、友だちの家族と一緒に夕食をして(お母さんが作るご飯がとっても美味しかったのでした〜。初韓国家庭料理でした!)、お土産渡して寝ました。

お土産はすっごい悩みました。
韓国と日本は食べ物とか同じものが多いんですよね。味付けが違うだけで。
あと、韓国でお土産にお菓子を渡すのは、失礼なんだって。だから、京都名物をチョイスも出来ず・・・悩んだあげく、色んな物を用意してみました。

原了郭の黒七味とか、佃煮とか、お茶とか。そんな中で一番驚いてもらったのは、桜の花を塩漬けしたものでした。
韓国では無いらしいので、珍しかったみたいです。

ところで、写真は「国立現代美術館」です。
今回の旅はアートの旅なのでーす!!

f0122724_215030.jpg
国立現代美術館は地下鉄4番の、大公園駅から送迎バスがあります(ガイドブックには徒歩20分ってあったけど、無理無理。山の上にあるんだもん)。
ここにはナム・ジュン・パイクの有名な作品がドドーンとありました!圧巻でした。
入場料は3000W(約300円!安っ)

広いし、作品数もあって、見るのに3時間もかかりましたが、すっごい満足できました。
彫刻も外にあるし、ぜーんぶ見るとなると、もっと時間かかりそうです。

そして、ランチは「百年屋」で、「スンドゥブ」という柔らかい豆腐のチゲを食べました。
辛くて美味しかったです。

f0122724_2222933.jpg
席に着くと、とりあえずキムチが5皿くらいと、お箸とスプーンと取り皿がやってくる。
韓国のマナーでは、左手を使いません。(左手を使わない国って多いね。)
右手でスプーンとお箸を持ち替えて食べます。

ランチのあとは、「芸術の殿堂」というオペラハウスとか、展示場がある施設を見て、その後は大きなショッピングモールへ。
女の子同士やっぱりショッピングは外せないのでした!(笑)

夕食はキンパッ(のり巻き)におでんを食べました。二人で5000W(約500円)。
友だちは韓国人なので、韓国人の普通の食生活です。安いです!!
外食で5000Wぐらいが普通の値段なんだって。お酒とは別でね。

PS 金額について:すっごいレートの良い時に両替できたので、1000W=100円です。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-09-14 23:58 | 旅へ
夏の思い出 〜淡路島〜
f0122724_0483151.jpg
あまり淡路島ばかり書いてると、後が大変なのでこれで淡路島の記事は終わりに。
今回一泊二日で淡路島へ行った訳ですが、宿は「いちごの物語」という可愛らしい名前のペンションに泊まりました。

f0122724_0504362.jpg
ペンションからの夕焼けです。
ちょうど夕食時に夕焼けが見れるということで、料理を途中で失礼して沈む太陽を見ました。(食事の前に夕日が何時ぐらいにちょうど見れるか聞いていたので、お店の方が「そろそろですよ」と教えてくださいました(^ ^))
ペンションは子供用のプレイルームなどが充実しているので、私たち以外は子連れの家族でした。
アットホームで良かったですよ。
夕食はボリュームもあったし、女性なら満足できると思います。(ツレは大食いだったので(笑)私が食べられない分も食べてくれましたが)

で、翌日の様子はコチラに↓

こんなペンションでした↓
[PR]
by rei-_-ier | 2008-03-08 01:13 | 旅へ
夏の思い出 〜淡路島〜
f0122724_0342533.jpg
淡路島と言えば?
やっぱり玉葱ですよね!

ガイドブックを見ていたら、とっても気になる記事が。
まるごと玉葱が入ったオニオンスープ!!がお薦めのお店が載っていました。
おお〜これは食べなければ!

f0122724_036132.jpg
お店の方に写真を撮る事も了承していただいて、おもいっきり撮影タイムに!(笑)
白で揃えられている雰囲気が、写真にとってもGoo!

f0122724_0381180.jpg
ランチのセットで、小さいのと大きいオニオンスープが選べました。
絵的には大きい方が美味しそうです。小さい方が柔らかくなっていて、私の好みでした。

f0122724_0403892.jpg
大きいガラスの窓が気持ち良いお店でした。
またランチに来たいかな。場所もいい所にあるし。
思い返せば、淡路島らしいご飯で、ちゃんとした所で食べたのは、ここだけだったかも・・・次はもっと色々行きたいな。
***
[PR]
by rei-_-ier | 2008-03-08 00:43 | 旅へ